忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冬雨綿綿


寒冬裏,冷風蕭瑟,但冬天也有屬於自己的獨特的韻味。在冬天裏,讓心中不滅的激情之後熊熊燃燒,又是別樣一番情趣。淡然的文字,濃鬱的情感。問好作者。進入初冬了,初冬就是一片灰蒙蒙的顏色。一眼望去,大地間,朦朧一片,仔細一看,那若有若無的,輕輕飄飄的,哦,是冬雨,透著朦朧美的冬雨就像一位窈窕的女子姍姍來遲了。

無聲無息來到了屋頂,來到了門前,來到了心中。冬雨不似春雨那般,潤澤而陶醉,不似夏雨那般,熱情而奔放,不似秋雨那般感慨而神傷。可是,它卻是懂於人們,溫柔至極,飄飄灑灑,如棉絮,不驚不慌,如溫馴的小兔,它撫過每個人的輕柔的發絲,調皮地沾在了眉尖,挑逗著笑臉,人們無需打傘,只是盡情讓它輕撫,讓它釋放它的柔媚。

冬雨是有感覺的,它帶來了一絲絲的冰涼,而正因為這一絲絲的冰涼,才讓人憶起,這是冬雨來了,要穿上小棉襖了,隔著起了霧氣的窗戶,擦拭了一角望去,外面濕了一地,只有留下了冬雨的蹤影,才知道,原來它來過,感覺冬雨融進了肌膚裏,冬雨來過,所以,有一絲絲的憂愁,只因為留走,沒有溫度,不會輕敲你窗,它不言不語,不悲不喜,只是遺憾。冬雨在催眠著忙碌一年的人們,讓他們都擁有恬靜的容貌。

冬雨聲音很優美,它的旋律一直都流轉,在半個冬天中,它一直都在流轉著,它就像一曲輕音樂,悠悠地,營造溫馨浪漫的情調,這時候,泡上一杯熱奶茶,暖著手,冬雨寧靜而耐人尋味,閉上眼睛,聞著冬季的氣息,有一種情感也隨著這旋律流轉,不知不覺中想起了《雨打芭蕉》,讓人不斷地品出它的味道,它是什麼味道,清甜中帶著點兒酸楚,苦澀中帶著點兒鹹鹹的。

冬雨它是看得見的,它褪去了塵世的浮華和豔麗,看上去質樸得像童年的夢境那樣,在冬雨裏面,沒有花兒的五彩繽紛,滿地的黃葉沾上了冬雨的氣息,冬雨懷著一顆憐憫的心,把滿是傷痕的落葉,輕輕埋葬,落紅不是無情物,化作春泥更護花,希望明年的春暖花開時,它們能夠有著別樣的風彩。似乎它要在這一段時間裏每一個角落,只得都留下它的蹤影。

冬雨裏面都有故事,有關綿綿留長的故事,男孩為女孩捋著被冬雨打濕的發絲說:“等我!”女孩動情地回:“好。”就這樣,他們在這場冬雨中離別了,男孩去了美國,女孩在這裏,他們都相遇了冬雨,而冬雨卻遞給了他們相思。男孩在那邊幹著什麼?是不是也一樣像女孩那樣,望著窗外的冬雨在發呆,腦海中淨是他們一起有過的春夏秋冬,在憧憬著另一個春夏秋冬,女孩時而憂愁,時而微笑,都是和這場冬雨有關的,因為在明年的冬雨來臨時,男孩答應會再次回來女孩的身邊。

女孩在等待,等待冬雨綿綿,冬雨沒有讓女孩失望,如期而至,冬雨來了,寒了,女孩買了暖暖的毛線,滿懷期許地織起了對男孩的最後的等待,仍然記得,也是冬雨綿綿,男孩輕撫女孩的發絲,說:“等我!“女孩記得對男孩的承諾,會一直在等著,思念日漸一日,如冬雨般綿長。

女孩又站在冬雨裏發呆了,男孩的電話不通,失去了聯系,男孩怎麼了?在冬雨綿綿的季節裏,該是他的歸期,等了許久,女孩心急如焚,不顧一切地跑到了美國,原來,男孩得了肺病,在醫院裏昏迷不醒,女孩撲在男孩的懷裏,傷心地抽泣,在冬雨的全部日子裏,透著冬雨的朦朧,可以從醫院的窗中看見,女孩總會在男孩的身邊喃喃著:“記得嗎?冬雨來了,你叫我等你,我一直在等著。”

一場冬雨,一場等待,等待那花兒含苞,等待枝葉蓄蕊,等待著小河湧動,等待那一夜春風把這些都喚醒了,等到春花爛漫的時候,是否還會想起冬雨,在這前是怎麼樣的溫柔與呵護?冬雨,這似雨非雨的雨,總是會帶給人們不一樣的驚喜和感動。 
PR

生活も、他人の生活に


この世界で生きていくには、一定の予見能力と許す能力に私たち幸せを勝ち取ることの目的:前者の助けにダメージを受けると損失を避け、後者を免除した人事紛争や騒ぐ。

もしも誰で生活している人の中では、彼は絶対諦めべきではない限り誰―この人は大自然の手配といった作品で、たとえこの人は一番卑劣で、最もおかしい人。私たちはこんな人を視既成事実と変わらない:この人に1本の永遠の、形而上の規則、彼のこの様子を表現するしかない。もし私たちにいくつかの最悪の人、その記憶の言葉は「林の中でいつもいくつかの怪鳥が欠かせない空少條件
。」

もし私達はこのようにして、あれは私達は不公正、われわれにも等しいに発行された生死決闘の挑戦。原因は一人を変えることができない自分の真実な個性、これは道徳気質、認識能力、顔癖など。もし私たちが徹底的に非難する人の本質は、さて、この人は我々を彼の敵がないと、他の選択、私たちだけでなければならない、この人に生まれ変わると永遠不変な彼は違う人の前提の下で、やっとこの人の生存の権利を認め。

その原因は、人ごみの中で生きなければならない人を許し、既定の自身の性格が存在し、その個性は何も。私たちの関心はどのように一人で本性の内容や特質の許容方式の本性の作用を発揮して、変えたいはずもないがdomestic helper、できないいっそ人の本性を非難する、これは「生活も、他人の生活に」という格言の意味。このやり方は理性にかなっているが、具体的な実施は容易ではない。もしも誰が徹底的に解決するに遠ざけてそれで大勢の人が、それは幸せ。

他人を容認するマスター、まず私たちの忍耐を利用死物。物件が機械と物理の必然性を妨げている私たちは頑なに。毎日私たちが练習するチャンス。その後、私たちをこの練習中の獲得耐性のアプリケーションでは人の身になった。私たちは自分の習慣という見方:他人の気持ちをうまく行かないん、邪魔の行動が、彼らにこんなことを完全に理由は1種の厳しいから本性の必然性とそれによる物体活動の必然性のように等しい。だから、他人の行為に対して怒りと一枚の横には、私たちの進む道の石はかんかんと同等の愚か。多くの人が、最も聡明な考え方は紐西蘭奶粉:私は準備しないと自分を変え、私は彼らを利用して。

私は望んで、雪がひらひらと飛び


散歩に雪の中で、感じの満足と美しい雪をなびかせ、自分の心に任せてこの純粋な世界、雪とともに比翼、一緒に飞旋……とても美の境地は、美を追求して、殘念ながら、今江南の雪は記憶の中の子供時代は少ない回数少なく、多くの情趣。さらに、「あなたの纏綿、私の痴情」を倚门だけ追Lonely placeいかけて。

雪、冬が唯美の色、神聖な気持ち、更に人に1部の冬の中で最も詩的な待つ。今日、踏み斑の靑い石板、あこがれて雪が舞い散る、一面、1片、回転、舞う自分の夢に……

--題辞(文:雨たもとを舞うよ)

江南はいつも珍しい雪が降って、だから、私がいつもたれ冬の敷居は期待して雪の到来で、しなやかでしなやかな雪の夢を窗簾遮蓋住的陽光並不強見守っている。

今冬は雪が降るのは、江南にまだ会っていないが、唯美多情な白い妖精を咲かそう記憶の空に咲く想いの枝で、私の品賞世間百態女子心の深い所に咲く。

雪は、窓の前の詩、風土に味わいがある;雪は冬の一枚のスケッチ、写意無限。梅、雪で映って韻生;冬、雪で完璧に落ちて。梅と雪の恋はうたう漢詩の?絶世風も成し遂げた冬の最も美しい恋歌十五年前剛為人父時

もしかすると、毎年の最初の雪は、秋雨手放せない気持ち。

雪、洗い連れ去って铅华、気のない飾らぬ、と争わないで、ちりひとつかからない、彼女は純粋な世界も、心を浄化することThe United States in July。大雪で、さらには豊作の兆し。

満天の雪が舞い散るとき、天地万物に一層の厚い白雪时、寂寥の冬は雪の殘りの下の方に美しい童話の世界。その純白ろ過落ちた紅塵の誘惑と悩み、洗った騒々しい世間と、落ち着きそう粉妆玉砌天地のシーンを注いで、1杯のお茶を探すなら、1部の閑情、あるいは雪探し歩いて、1部の逸致も、悠哉、妙克哉、速いですかAt the beginning to the end

ここは変わらない「千裏北氷結して、万裏の雪飘」の壮大な場面だが、雪の中の江南はやさしいの極、可愛い、綺麗になってしまっ。あの小橋、流水、村は、古い家屋……すべてに一層の薄い白い紗に時、何だかあちこち思いを抱き琵琶半面を遮る、千呼万呼始て」、「逆らう舟簑笠翁、独釣寒江雪」、「突然一夜春風のように、千樹万树梨花開」の詩句を、そんな眺めて無言葉の美、教えない恋しい人がどのように?私はぶらぶら歩いて無言美しい世界で、またどう動かし歩惜しまない、帰りますか?

私は知らない雪は一体どこから来て、私は知っている彼女は突然登場する、空から降ってきて、漂っての間は生命の素晴らしい解釈の完璧。雪は冬の最も美しい飾りで、やさしい、ふわふわした、人に1種の暖かさと優しさ。

細听雪落ち、静観雪が舞い、天下何人と画家尽くしインスピレーション、尽くしても依然として情感を表現できない筆墨を尽くして雪の高潔さないと、雪のあでやかな姿と風情描尽くし。

漫歩紅塵、听雪禪音、世の中にはどれだけの人が私と同じように共感したティアナの訴え。

この冬の雪を知らない誰かの先端を、また誰かの胸に落ちていく。

今夜、私は紅塵にとどまり、幻想だけ雪落満肩。私は酒を見たい、雪が舞う様、賦1首の雪韵記憶の中で隠して、私は聞きたいのきらきらと透明な雪無韻無律の低吟浅唱……

どんな希望、自然の音が凝固雪と風の楽章で。どんな希望、明朝ツイ窓、私が引き寄せ真っ白な風景、見ないように地面浮光、万物銀、一色素洁の殘り、そして、一人で、1本の赤いスカーフを、雪上探梅、無人の場所、炉の2つの無邪気さが実にかわいらしいの「おバカ」、また描き下2脚印を一列……

親は、私はこんなに雪が来るのを渇望して、それだけでは私の「雪の美しくて、実は、あなたが言ったから、一つ雪が凝縮君の想いに、毎年冬にもあなたを想い続けて化成雪が舞う……

雪の日を好きになって、満ちる一懐気持ち、軽く踏み純白、心境、1部の不安に暖かい歩い寒い、振り返って笑顔で、暖かい。

雪が来るのを楽しみにして、私の世界がひらひらと舞い落ちる雪が降り止まないので、雪の世界の中で、私は多くの声が聞こえないで、しかし私はあなたの足音が近く、とても近い。たとえ雪が地面に静かな、しかし、が、お洒落に見える考え事、雪、上調子な気持ちがすぐ清朗。「暮雪傾城時、雪の上の上で、私は自分の姿が見えることができて、あなたの声を聞く。私は、それが舞う雪を持って私の恋しい思いを一路、北へ、循あなたで行く……

もしかすると、雪は私の気持ちが分かって、しかし、私があなたの心に触れて雪。親なら君の空に雪は降る君の肩に積み上げて、あるいはあなたの窓の前に、あなたは分かって、それは雪を私は黙って思いを書いて、気持ちを凝結。もしあなたの空は本当に雪が降るならば、あなたはきっと覚えていて足を止めて、雪を吟じて、君の手のひら広げて、彼女を受け止めて、あるいは、あなたの腕を広げて、彼女を抱きしめて……

君のことを覚えていて、雪の中にも、私の舎てないで、あなたの纏綿が私のひたむきな一面。

私は雪に歩いて、感じて雪がちらついて顔と肩の心地よさと美しさを、自分の心を渡してこの純粋な世界、雪とともに比翼、一緒に飞旋……

あなたがかつて私に承知する、あなたの私の手を、1杯の酒の俗世間たわむれて忘れて、共1度の雪の饗宴。もしもあなたが忘れないあなたの約束は、一緒に取り戻す流浪の大きで、純粋な情写一首紅塵の最もノールの恋歌、にぎるために1部の初めに会えて離れないで見捨てない。

梅は、香り咲く雪嫣然を、私は、あなたが好きで、雪が舞い一生化。

静を空心捻一輪の雪で、1種の恋しい思いが静かに長い年月が経過。

私は知っていて、実は、あなたはずっと夢の中で、私に手を伸ばして、あなたと共に雪でダンス、雪上で歌。私は信じて、今年の冬は、いつの時、万雪の舞う散り軽く、江南、キスに私の顔、私の肩?……

今、あなたの耳のよう箫声伝わって来て、とうとうわから縹かすかに、詩の心に入る……私のようにあなたを見た私は互いに肩を並べて、歩いて雪が舞い散る世界……

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[07/21 Smithc336]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R